伊豆大島再訪記一覧

NO IMAGE

(0)

年末年始にやや時間が空き、ならばどこかに行こうと思い立った。しかし諸事ご倹約の昨今だから、安く行きたい。ならば、重爆RS号かメイト君に...

NO IMAGE

(1)

出発当日。 船は竹芝桟橋から夜10時に出る。馬を積む場合はその1時間ほど前に来て下さいとのことだったので、8時に出れば十分間に合う。 ...

NO IMAGE

(2)

竹芝桟橋には以前行ったことがある。学生の頃神津島に、社会人になってから小笠原に。しかしバイクで行くのは初めてで、道をどう行って良いのか...

NO IMAGE

(3)

/~船は出ていく煙は残る、残る煙が癪の種、という都々逸があると言うが、今の船はディーゼルだから、ほとんど煙が出ない。その代わり「ゴンゴ...

NO IMAGE

(4)

波浮港から三原山の登山口、御神火茶屋へと向かう。 時間はまだ9時前、しかも島とあっては、車通りは少ない道理である。 有り難いこと...

NO IMAGE

(5)

伊豆大島三原山は、噴火口のある内輪山の外側に、直径2~3kmの、南北に長いまゆ型をした外輪山を持っている。 (灰色のマス目が500x...

NO IMAGE

(6)

登山を終えてメイト君の所に戻り、一旦波平になった後で再びライダーへと変身。時刻はそろそろお昼、メシにすることにしよう。 というわけで、...

NO IMAGE

(7)

観光案内所で貰った地図によると、伊豆大島には町立の博物館のたぐいが3つあるという。うち2つは火山博物館と貝の博物館で、これは御神火の、...

NO IMAGE

(8)

郷土資料館を辞した私とメイト君は、御神火温泉に向かう。場所は資料館から、元町に向かって戻り、昼食を摂った島にゃんこのお店のすぐ近くだ。...

NO IMAGE

(9)

テントを設営し終えたら、次はメシの支度だ。 繰り返しになるが私には、たいそうな料理をフィールドで作る趣味はない。現地で、思いもかけずご...

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク