秩父昇天記(0)・つけたり

スポンサーリンク

「あれは05年だったか、北海道のとんでもない山道」について。
データから、06年0826、0920ごろと判明。いや~本ッ当に、ITって素晴らしい! これ以前の紀行文とかの類が、いかに当てにならないか、ということでもある。それはさておき、訪れたのは道南・島牧村の山中、賀老の滝という巨大な瀑布。
賀老の滝
0843ごろに宿を立ち、通る車とて無い舗装路を重爆RS号で行く、その先に。
RIMG0008.jpg
静かに重く、その滝は流れ落ちていた。
RIMG0010.jpg
画像では成金の庭にもありそうなのに見えるが、落差70m滝幅35m。華厳の滝の落差97m、袋田の滝の滝幅73mには及ばないが、太古より誰にも知られず、そして華厳袋田のような団塊も雑民もいない。北海道の山中は、どこか神さびている。
それもそのはず。
RIMG0014.jpg
下り30分、登り1時間の山道を、ヒィヒィ言って上下せねばならない。
イヤ当時はこの九去堂も雑民だったかも。
RIMG0011.jpg
プヨってるし。いや~、歳取るって素晴らしいネ! 鍛えてれば。
RIMG0015.jpg

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする