(14)

スポンサーリンク


東国のライダーにとっては四国の起点となる徳島港から、見近島までは約200kmの道のり。
徳島から見近島
当然原付だから、高速道はルートとして除外だし、人馬の食事と休憩を含めると、googleの見積りよりずいぶん時間がかかる。
途中、阿波・伊予国境にそびえる峰畑・雲辺寺山の間は、境目峠を越すしかルートが無い。
境目峠
しかしその前後は道を選べる。徳島港からは、吉野川を挟んで南岸の伊予街道(国道192号)を行くか、北岸の県道をつづった撫養街道を行くかだ。
伊予街道
その北岸の道を、前回12年の往路にメイト君を駆った。
s-R0010978.jpg
s-R0010984.jpg
s-R0010989.jpg
好天に恵まれたこともさることながら、気持ちの良い道だったことを覚えている。
s-K0010022_201509231406161f7.jpg
さて今回の復路、ものは試しと国道をたどってみた。
s-P8312994.jpg
s-P8313014.jpg
s-P8313074.jpg
雨天であることを割り引いても、やはり交通量が多く、徳島にたどり着いた時にはずいぶんくたびれた。
s-P8313047.jpg
事情は、伊予の海沿いを行くルートも同じ。
伊予街道2
今回の往路、高松から海沿いに県道をたどった。
s-P8231788.jpg
s-P8241838.jpg
s-P8241834.jpg
都市部はよく整備され、海・山の景色に恵まれた、気持ちのいい道。
s-P8231783.jpg
対して復路に通った国道は。
s-P8312870.jpg
s-P8312890.jpg
s-P8312918.jpg
車列が延々と続き、都市部では渋滞。快走というには程遠い。
s-P8312907.jpg
だがこんなことは全国どこでもそうだし、ツーリングマップルにも書かれていることだ。gpsまで装備したわがメイト君であるからには、ひとえに、騎り手たる私の好奇心から、と言っていい。
今回の帰路、見近島を立ったのは9:45。
s-P8312785.jpg
徳島着は15:26、ざっと5時間45分。
s-P8313091.jpg
googleの見積りよりは1.2時間チョイ超過で済み。途中2回の休憩と1回の給油・メイト君1万キロ走破の記念撮影、そして断続的な渋滞と峠での事故発見。
s-P8312905.jpgs-P8312848.jpg
s-P8313031.jpg
だが雨に打たれ、風にさらされるのは好きでしていること。メイト君を駆るのは、やはり楽しいからであった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする