(19):帆立街道

スポンサーリンク


1040、浜頓別を発ってさらに北を目指す。
s-P9040438.jpg
左手は大草原、右は…。
s-P9040447.jpg s-P9040450.jpg
ボタ山ならぬホタテ山。それゆえホタテくさ~いニオイもプンプンする。
雨の降りは刻々変化する。時に視界が広がって、これから進む先が遙かに見通せる。
s-P9040454.jpg
普通ならこのまま国道を行き、宗谷岬を目指す。しかし今日は、途中で枝分かれした道道に入る。
…エサヌカ? う~ん通り過ぎちまったい。
s-P9040458.jpg
何度も北海道は行っているようで、行っていないところもちょくちょくある。情報のやりとりが進んだということもある。ゆえに目指すのはその1つ、宗谷丘陵だ。
s-P9040461.jpg s-P9040467.jpg
行くことしばし、丘陵に林立する風車群が見えてくる。
s-P9040469.jpg
ここら当たりが丘のてっぺんであろう、と思われるところで馬を停めた。
s-P9040471.jpg
見回せば、どこまでもうねうねと続く、この丘陵の広さがわかる。

※クリックで拡大
かすかになった雨音の中で耳を澄ませば、風車の、しゅわんしゅわんという風切り音が聞こえる。
s-P9040477.jpg
再び視線を丘陵に戻せば、あちこちで、危険この上ないシカちゃんたちが草を食んでいた。
s-P9040480.jpg
細道をトコトコ、丘を下りる。
s-P9040482.jpg s-P9040488.jpg
下りれば北行くライダーにはおなじみ、最北端の給油所がある。
画像2 PA290113k.jpg
6.62L、¥1,072、オド181.1km。証明書と、ちびホタテのキーホルダーをもらう。証明書はともかく、いちいちホタテを加工して、こうして字を書いて…。好意がなければ出来ないことだと思う。
宗谷岬は、すぐ目の前だ。
9403.png

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする