帆船「あこがれ」の記憶(1)

船の存続を祈りつつ。2010.08.27~29 「あこがれ」の帆走実習に参加した際の記録。



接岸中の「あこがれ」

出発前のブリーフィング/展帆作業

帆走中の「あこがれ」

甲板から見たセイル。その陰でお昼寝。

ブリッジの様子。ビノはやはりニコンIF。業務用だけにSPではない

展帆作業を説明するクルー。そのためにはマストに登らねばならないが…

こわい。まぢでこわい。

淡路島沖で停泊。廃園になった遊園地の観覧車が見える。沖にはちょっと変わった船。

クルーによると、免許と実習のため国交省が所有する、日本唯一の蒸気船、大成丸らしい。
やたら燃料を食うとか。


みなさん! みなさんも帆船のトレーニングに参加してみませんか?
参加者は小学生から大人まで様々、親子でも参加できます。
身の回りのこと全てを自分で行う体験は、教育としてとても良い機会かと。
詳細はこちら。
http://www.akogare.or.jp/top.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク



スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク